社会

女性刺され死亡、甲府 出頭の男「妻をあやめた」

 26日午後2時すぎ、甲府市平瀬町の住宅で「母が首から血を流している」と110番があった。山梨県警によると、この家に住む運転代行業藤のぶ子さん(57)が死亡しており、首に刃物のようなもので刺された痕があった。失血死とみられる。

 現場から逃走したとみられる男が同日、警視庁立川署に出頭。警視庁によると男は50~60代で夫を名乗り「妻をあやめた」と話しているという。山梨県警は男を甲府署に移送した後、殺人容疑で事情を聴き、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 現場はJR甲府駅から北西に約6キロの山あいの住宅街。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス