くらし

第1走者寛平さんが福島スタート 被災3県復興願いマラソン

 「みちのくマラソン」でスタートする間寛平さん=27日午後、福島県相馬市

 東日本大震災の復興支援を目的に、タレントの間寛平さん(70)らが福島、宮城、岩手の3県を駅伝方式でつなぐ「みちのくマラソン」が27日始まり、第1走者の寛平さんが福島県相馬市の原釜尾浜海水浴場からスタートした。ゴールは8月9日の予定。

 寛平さんは「8年前から(被災地を)ずっと見てきたけど、ちょっとずつ復興に向けて頑張っている。景色も変わってきてうれしい」と語り、海水浴場に来ていた人たちとハイタッチをしながら出発した。

 マラソンは2012年に始まり、今年で8回目。車での移動を挟みながら、福島県大熊町や、宮城県石巻市、岩手県宮古市など計約50キロを走る。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス