経済

中小の登録申請まだ10万店 ポイント還元、7月時点

 10月に予定されている消費税率の引き上げに伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度を巡り、登録申請した中小事業者の店舗が、これまで10万店程度にとどまることが27日、分かった。対象となる店舗は全国に数百万あるとされ、中小事業者に制度がまだ浸透していない現状が浮かび上がった。

 7月中までに制度の登録申請をしないと、10月1日の増税時に間に合わない恐れがある。政府は最終的には100万店以上の登録を見込んでいるが達成できるかどうかは不透明で、消費の腰折れを防ぐための経済対策としての効果が十分に出ない可能性が出てきた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス