政治

ロ首相択捉訪問、8月1~2日か 鈴木宗男氏が発言

 政治団体「新党大地」の鈴木宗男代表は27日、札幌市で開いた集会後に報道陣の取材に応じ、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土の択捉島訪問計画について「現時点では8月1~2日に択捉に行くという情報だ」と述べた。鈴木氏は、訪問は過去にも例があるとして「択捉島はロシアが実効支配している。過激に反応する必要はない」との見方を示した。

 メドベージェフ氏は2010年11月にロシア大統領として初めて国後島を訪問。首相に退いた後、12年7月に再び国後島、15年8月には択捉島を訪れた。日本政府はその都度抗議していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス