社会

被爆者7団体代表、首相に要望 「核廃絶に努力を」

 広島への原爆投下から74年となった6日、被爆者7団体の代表が広島市内のホテルで安倍晋三首相と面会し「核兵器廃絶のために努力してほしい」「原子力発電に頼らないエネルギー政策の確立に努めてほしい」などと要望を伝えた。

 米国の「核の傘」の下にあり、日本が署名していない核兵器禁止条約については、唯一の被爆国として「署名、批准してほしい」という意見が相次いだ。安倍首相は「核保有国と非保有国の橋渡しに努めたい」と述べるにとどめた。

 被爆者代表からは、被爆2世、3世への支援拡充や、在外被爆者への特別な配慮を求める声も上がった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス