社会

副操縦士からアルコール 春秋日本、乗務を交代

 春秋航空日本(千葉県成田市)は6日、7月31日の成田発佐賀行き701便(乗客165人)に乗務予定だった30代の男性副操縦士から呼気検査でアルコールが検出され、別の副操縦士と交代させていたと発表した。同社はすでに国土交通省に経緯を報告した。交代に伴う出発の遅れはなかったとしている。

 同社によると、男性は出勤直後の呼気検査で、社内基準を超える呼気1リットル当たり0・08ミリグラムのアルコールが検出された。前夜に飲食店でビールやハイボールを計3杯飲んだと話しているという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス