社会

山形新幹線が一時運転見合わせ 暑さでレールゆがんだか

 6日午後3時半ごろ、山形県米沢市のJR奥羽線米沢―置賜間の線路でレールのゆがみが見つかり、同じ線路を走る山形新幹線が米沢―山形間の上下線で運転を一時見合わせた。暑さでレールが高温になったことが原因の可能性があるという。

 JR東日本によると、在来線の運転士が通常にない横揺れを感じ、線路がゆがんでいるのを確認した。午後4時10分ごろから山形新幹線の運転を見合わせて点検し、午後7時半に再開した。けが人はなかった。

 山形地方気象台によると、米沢市の6日の最高気温は36・6度だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス