経済

円、一時105円05銭 7カ月ぶり円高水準

 【ニューヨーク共同】週明け12日の外国為替市場の円相場は、米中対立への懸念から、相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となり、一時1ドル=105円05銭をつけた。1月以来、約7カ月ぶりの円高ドル安水準。

 中国人民銀行(中央銀行)が12日、人民元取引の対ドル相場の基準値をさらに元安方向で設定し、米中対立の長期化に対する警戒感が広がった。米長期金利の低下に合わせて円高が進み、ロンドン市場の取引時間帯に1ドル=105円に迫った。


(共同通信)