社会

超大型台風10号、西日本直撃へ 総雨量千ミリ超えも

 台風10号の影響で、宮崎市の海岸に打ち寄せる荒波=13日午後

 超大型の台風10号は西日本の南の海上を北寄りに進み、お盆期間の14~15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近・上陸する恐れがある。台風の接近・通過による総降水量は西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で千ミリを超える見通しだ。気象庁は13日午後の臨時記者会見で土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関に影響が出る恐れもある。JR西日本は13日、山陽新幹線の運転を15日の終日見合わせる可能性があると発表。JR東海も15日は東海道新幹線の本数を減らす可能性があると発表した。


(共同通信)