政治

N国党首、15日に靖国訪問 「知識乏しいので勉強に」

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は13日、東京・九段北の靖国神社を終戦記念日の15日に私人として訪れる考えを示した。明言しなかったが参拝するとみられる。東京都内で記者会見し「靖国神社についての知識があまりに乏しいので勉強してくる。公党代表として行くつもりは一切ない。公人として公費を使うことはない」と述べた。

 立花氏は会見で、上杉隆幹事長が選対委員長を兼任する人事も発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス