経済

円急落、一時106円98銭 制裁発動延期でドル買い

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は円安ドル高が進み、一時1ドル=106円98銭に急落した。米政府が13日、対中制裁関税の一部品目の発動延期を発表。米中対立を懸念していた投資家がリスク回避姿勢を和らげ、相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが膨らんだ。

 午後5時現在は前日比1円48銭円安ドル高の1ドル=106円70~80銭だった。ユーロは1ユーロ=1・1166~76ドル、119円20~30銭。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス