国際

香港のキャセイ、CEOが辞任 職員デモ関与で引責か

 【香港共同】香港のキャセイパシフィック航空は16日、ルパート・ホッグ最高経営責任者(CEO)が19日付で辞任すると発表した。中国民用航空局は、キャセイ職員が「逃亡犯条例」改正案に反対するデモに関与し、運航の安全を脅かしていると警告していた。

 香港メディアによると、キャセイはデモに参加し、暴動罪で起訴された操縦士ら職員を解雇。8月上旬のゼネストに職員が参加し、多くの欠航が出るなど混乱した。ホッグ氏は声明で「過去数週間は困難が続いた。その責任を取る」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス