くらし

障害者、踊り楽しむイベント開く 川崎、車いすダンサーも

 踊りを披露する、障害者らがメンバーのダンスグループ=17日午後、川崎市高津区

 障害者がダンスを通じて交流するイベントが17日、川崎市で開かれ、障害者や家族ら約800人がリズムに合わせて踊りを楽しんだ。リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式で踊った車いすダンサー、かんばらけんたさんも参加した。

 イベントは今回で10回目。福祉施設職員笹本智哉さん(32)らが「障害のある人と共に作るイベントを」として主催した。

 かんばらさんは車いすの上で逆立ちをしたり、横倒しにした車いすの車輪上で身体を回転させたりする踊りを披露。障害者らがメンバーのダンスグループも出演した。


(共同通信)