スポーツ

スピードの日本勢は予選敗退 スポーツクライミング世界選手権

 男子スピード予選 22位で敗退した楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子

 スポーツクライミングの世界選手権第6日は17日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、登る速さを競うスピードが行われ、日本勢は男女とも予選敗退で上位16人による決勝トーナメントに進めなかった。男子は6秒292をマークした楢崎智亜(TEAM au)の22位、女子は9秒229だった野中生萌(XFLAG)の25位が最高だった。

 男子はルドビコ・フォッサリ(イタリア)、女子はアレクサンドラ・ミロスラウ(ポーランド)が優勝した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス