政治

前堺市長を証人尋問へ 政治資金問題で議会百条委

 辞職に発展した堺市の竹山修身前市長の政治資金問題で、市議会の調査特別委員会(百条委員会)は21日、竹山氏を証人尋問することで全会派が合意した。日時は竹山氏と調整する予定で、2017年の市長選での選挙費用などに関し質疑する見込み。

 百条委は、竹山氏の選挙運動費用収支報告書と後援会の報告書の二重計上などを調べるのが目的。竹山氏は百条委の設置が議会で可決された6月下旬に「私の政治資金は公金の問題ではなく、百条委は関係ないはずだ。出頭しない」とコメントしており、出頭に応じるかどうかは不透明だ。

 委員長の池田克史市議は「しっかり説明責任を果たしてほしい」と話した。


(共同通信)