国際

日韓軍事協定、午後に協議 早ければきょう決定

 【ソウル共同】韓国大統領府は22日、国家安全保障会議(NSC)の会合を開き、24日に更新の判断期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を継続するかどうか協議する。早ければ22日中に決定する。聯合ニュースが伝えた。

 文在寅大統領はNSC会合の結果について報告を受けた後、最終決定する。大統領府関係者は聯合に、遅くとも23日には継続するかどうかを発表するとの見通しを示した。韓国内では、日本政府による輸出規制強化への対抗策として協定破棄を求める声もあり、文政権の判断が注目される。


(共同通信)