社会

西・東日本、局地的に大雨の恐れ 気象庁、警戒呼び掛け

 西日本と東日本で23日にかけて大気の状態が安定せず、局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は22日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、朝鮮半島から西日本の日本海側を通り東日本に延びる前線に、暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、22日午前に石川県七尾市や新潟県糸魚川市で1時間の雨量が60ミリを超す大雨となった。前線は23日にかけて南下し、北陸を中心に広範囲で大気の状態が非常に不安定になる見通し。

 23日正午までの24時間予想雨量は多い地域で北陸150ミリ、近畿、中国100ミリ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス