社会

「対馬丸」撃沈75年で慰霊祭 疎開学童ら千人超犠牲、沖縄

 学童疎開船「対馬丸」が撃沈された事件から75年となり、慰霊祭が開かれた那覇市の碑「小桜の塔」=22日午前

 太平洋戦争後期に沖縄を出港した学童疎開船「対馬丸」が鹿児島県沖で米潜水艦に撃沈され、子どもら1500人近くが犠牲になった事件から75年となる22日、那覇市の碑「小桜の塔」で慰霊祭が開かれた。近くの対馬丸記念館では、悲劇を広く知ってもらおうと、この日から特別展を開催し、遺品の一部を初公開した。

 強い日差しの下、参列した遺族や生存者らは、亡くなった人々の氏名を刻んだ碑の前で黙とう。対馬丸記念会の高良政勝理事長(79)は、一緒に乗船し命を落とした家族9人をはじめとする犠牲者に思いをはせ「これからも記念館を通し、争いや戦争のない世界を希求する」と誓った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス