経済

仮想通貨交換業で初の廃業 「ザイフ」元運営テックビューロ

 テックビューロ本社が入居するビル=大阪市

 暗号資産(仮想通貨)交換サイト「Zaif(ザイフ)」を運営していたテックビューロ(大阪市)は22日、仮想通貨の交換業を廃業すると発表した。金融庁によると、登録された仮想通貨交換業者の廃業は初めて。

 昨年9月にシステムへの不正アクセスで約70億円相当の仮想通貨が流出。金融庁から顧客資産の管理体制が不十分だったとして3度目の業務改善命令を受けた。昨年11月に「ザイフ」をフィスコ仮想通貨取引所(東京)に事業譲渡し、仮想通貨交換業からは事実上撤退していた。事業譲渡の際にフィスコに口座を移していない顧客に対しては、9月2日から11月30日まで日本円で返金する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス