社会

米海軍、艦載機の離着艦訓練公開 原子力空母ロナルド・レーガン

 米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンの甲板に着艦する艦載機=22日午後、日本南方沖

 米海軍は22日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)を5月に出港し、インド太平洋地域で警戒任務中の原子力空母ロナルド・レーガンで、艦載機が離着艦する訓練を報道陣に公開した。

 同日午後、甲板に備え付けられた四つのカタパルト(射出機)から、FA18戦闘攻撃機などの艦載機がごう音を響かせて次々と離艦。その後、ワイヤを使って急停止し、着艦した。艦載機の格納庫や、レーガンの操舵室も公開した。

 ロナルド・レーガンは今回の長期航海中、事実上の空母への改修が決まっている海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」と共同訓練を実施。中国の動向をけん制する狙いがあるとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス