膵臓がん周辺に抑制物質 名古屋大、薬物開発に一歩

 膵臓がんのがん細胞の周りにある細胞に、がんの進行を抑制するタンパク質が含まれることを発見したと、名古屋大の研究チームが22日、米医学誌電子版に発表した。水谷泰之助教は「抗がん剤が効きにくい膵臓がんの薬物治療法開発の第一歩になれば」と話している。

 がん組織はがん細胞と、それを囲む線維芽細胞などで構成される。線維芽細胞は、がんを促進するものと抑制するものがあると考えられており、チームはメフリンというタンパク質を持つ細胞に着目。遺伝子操作でメフリンを持たなくしたマウスに膵臓がんを発症させると、進行が早く悪性になりやすかった。


(共同通信)