アマゾンで最大規模の火災 温暖化懸念、G7議論も

 ブラジル北部ロンドニア州のアマゾン地域で起きた火災で立ち上る煙=21日(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】ブラジル北部アマゾン地域の世界最大の熱帯雨林でことし、森林火災が過去最大規模で発生している。今後も増加が見込まれ、地球温暖化への影響も懸念される。地元メディアが22日までに伝えた。

 今月24~26日に予定される先進7カ国首脳会議(G7サミット)の議長国、フランスのマクロン大統領はツイッターで「この緊急事態を最優先で議論しよう」とG7首脳らに呼び掛けた。

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)によると、1月1日~8月19日の同国全体における森林火災の数は、約7万2800件と前年同期比で83%増加。


(共同通信)