経済

7月の消費者物価0・6%上昇 伸び率変わらず

 全国消費者物価指数の動き

 総務省が23日発表した7月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0・6%上昇の101・5だった。前年実績を2年7カ月連続で上回った。伸び率は前月から変わらなかった。

 総務省は物価動向について「緩やかな上昇傾向に変わりない」との見方を示している。

 輸送費などの値上がりを反映し、菓子類は2・8%上昇した。電気代は2・7%、ガス代は3・0%上がり、たばこも7・8%上昇で全体を押し上げた。

 一方、NTTドコモの値下げなどで携帯電話の通信料は5・7%下落。ガソリンも原油価格の下落に伴って4・3%下がった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内