国際

米ロ、中距離核巡り非難応酬 安保理、対立構図が鮮明

 国連安全保障理事会の緊急会合で演説する、国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長=22日、米ニューヨークの国連本部(国連提供・共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は22日、米国が18日に中距離核戦力(INF)廃棄条約(2日失効)で禁じられたミサイルの発射実験に踏み切ったことを受け、公開の緊急会合を開いた。会合を要請したロシアや中国は条約を破棄した米国を批判する一方、米側は条約が規制していたミサイルを開発していたと中ロを非難。核保有国間で応酬となった。

 米国のコーエン国連代理大使は「ロシアは数年前から条約違反のミサイルシステムを開発し、既に配備した」と指摘。

 ロシアのポリャンスキー国連次席大使は、米国が条約失効の「わずか2週間後」に発射実験を実施したことを「偽善」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス