くらし

共通テスト、字数超過はマイナス 国語の記述式問題、評価方法発表

 大学入試センターは23日、現行のセンター試験の後継として2020年度に始める大学入学共通テストのうち、国語の記述式問題の評価方法について詳細を発表した。各小問の成績は解答内容を踏まえてa、b、cの3段階で評価。うちa、bでは字数超過や解答用紙の升目の使い方といった形式的なミスがあった場合、マイナス評価を表す記号の「*」を付ける。

 センターによると、小問三つで構成する大問一つが記述式。小問のうち一つは80~120字程度、他二つはより少ない字数で記述させる。

 記述式問題は、マーク式(200点満点)とは別枠で評価する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス