社会

千葉の私立高校に是正勧告 残業177時間も未払い

 千葉県鴨川市の私立文理開成高校で教員に対する残業代の未払いがあったとして、木更津労働基準監督署が是正勧告していたことが26日、分かった。教員が加入する労働組合「私学教員ユニオン」が同日、記者会見して明らかにした。勧告は6月5日付。

 ユニオンによると、残業は授業の準備や定期テストの採点などで生じた。非正規雇用だった男性教員の場合、部活動の指導や学生寮の管理も指示され土日も勤務。月の残業時間は最大177時間に及んだが、手取り約18万円の月給のみだった。

 文理開成高校は取材に「是正勧告には誠実に対処する。残業代未払いは団体交渉を進めている」としている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス