社会

南海特急、台車に14センチ亀裂 ラピート、運輸安全委が調査

 国土交通省は26日、南海電鉄の特急「ラピート」の台車で長さ約14センチの亀裂が見つかったと明らかにした。運輸安全委員会は同日、重大インシデントとして鉄道事故調査官2人を派遣した。

 国交省によると、23日夕、運行中に車掌が車両の連結部分から金属がこすれる音がしているのを確認。運行を終えた後、大阪市内の車庫で点検した結果、連結部分では異常は見つからなかったが、台車の中央にあるモーター付近で亀裂が見つかった。

 車両は6両編成。異常音は4両目と5両目の連結部分でしたという。

 今回の車両は1994年4月に製造された。ラピートは大阪・難波と関西空港を結んでいる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス