社会

労働組合の国際会議、日本初開催 移民労働者など議論

 20カ国・地域(G20)のナショナルセンター(労働組合の国内中央組織)や、国際労働組織のリーダーらが集まり、世界の労働者を巡る問題を議論する「労働組合会議(L20)」が29日、東京都港区のホテルで開かれた。日本で開催するのは初めてで、30日まで。

 会議では、移民労働者の賃金や安全衛生、男女間の不平等などについて議論する。会議の終わりには、9月1日から松山市で開かれるG20労働雇用大臣会合に向け、声明をまとめる。

 L20は国際労働組合総連合(ITUC)が主催。毎年G20の議長国で開き、今回は連合がホストを務める。

 開会のあいさつで連合の神津里季生会長は「近年のデジタル化の影響などで新たな雇用問題も起きている。労働組合は働きがいのあり、労働者の権利が守られた仕事の実現に向け、社会や政府に働きかけなくてはいけない」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス