経済

トラック自動運転化へ実証実験 働き手不足の解消目指す

 製糖工場の敷地内を走行する自動運転トラック。運転手がハンドルから手を離している=29日午後、北海道斜里町

 商用車メーカーのUDトラックス(埼玉県上尾市)は29日、日本通運やホクレン農業協同組合連合会(札幌市)と連携し、自動運転トラックの実証実験を北海道斜里町で行った。運転手などの働き手不足の解消に向け、無人で走るトラックの導入を目指す。

 自動運転は技術レベルで5段階に分けられており、今回は一定の条件下で完全自動運転となる「レベル4」に相当。UD社によると、自動運転トラックを使ったレベル4の実験は国内で初めて。

 実験ではホクレンの製糖工場の敷地やその周辺で、原材料運搬のため同じ経路を移動することを想定した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス