経済

グーグルに制裁金、米当局和解へ 親同意なく児童の個人情報利用

 【ニューヨーク共同】米連邦取引委員会(FTC)は、米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」で、児童のプライバシー保護に問題があったとして、約1億5千万~2億ドル(約160億~210億円)の制裁金をグーグルに科すことで和解する案を承認した。複数の米メディアが30日報じた。

 FTCは9月初めにも発表する。プライバシー保護団体が、ユーチューブが児童のプライバシーを保護する法令に違反し、親が同意していないのに、未成年者の個人情報を集め、それを利用者の関心に合わせた「ターゲティング広告」に使っていたとFTCに申し立てていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス