スポーツ

素根が初出場V、原沢は銀 世界柔道、朝比奈3位

 女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔の素根輝=日本武道館の中道場

 柔道の世界選手権第7日は31日、東京・日本武道館で男女各1階級が行われ、女子78キロ超級で個人戦初出場の19歳、素根輝が優勝した。同級2連覇を狙った朝比奈沙羅は準々決勝で敗れ、敗者復活戦勝利後に3位決定戦を制した。

 男子100キロ超級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜は決勝でルカシュ・クルパレク(チェコ)に、延長の末に指導3による反則で敗れて銀メダル。準決勝は昨年覇者で世界ランキング1位のグラム・トゥシシビリ(ジョージア)に一本勝ちしたが、日本勢で2003年大会の棟田康幸以来の100キロ超級制覇はならなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス