経済

日航、静かさ売りの新型機就航 次世代主力A350

 初便の出発を待つ日航の次世代主力機エアバスA350=1日午後、羽田空港

 日航の次世代主力機エアバスA350の初号機が1日、就航した。1990年代からの現行主力機ボーイング777の後継で、機内の静かさと快適さが売り。初号機は「挑戦のレッド」をテーマに、機体に赤色で「A350」と書かれた特別デザインで、乗客369人で満席の初便は午後0時43分に羽田空港を離陸、福岡空港に午後2時7分に着陸した。

 A350の運航は、国内航空会社では日航が初めて。出発前のセレモニーで、日航の植木義晴会長は「最上級の機内空間をお届けするため、2013年の導入決定から6年かけて準備した」とあいさつした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス