くらし

「ドラえもん」学年別名作選贈る 川崎、藤子Fミュージアム

 「ドラえもんみこし」を担ぐ児童たち=1日午後、川崎市多摩区

 3日に開館8周年を迎える川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(同市多摩区)で1日、同館の運営を受託している藤子プロから、市立小全114校と特別支援学校3校に「ドラえもん」の学年別名作選を寄贈する式典があり、近くの小学校の児童が「ドラえもんみこし」を担いで盛り上げた。

 学年別名作選は6冊セットで、小学館の「小学一年生」から「小学六年生」までの学年誌に載ったドラえもんの漫画作品を、学年別に収録した。館長を務める藤子プロの伊藤善章社長は「藤子先生は学年ごとに作品を書き分けていた。面白さと同時に教訓も得られる。楽しんで読んでほしい」とあいさつした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス