経済

大手百貨店、3社増収 8月、駆け込み需要も

 大手百貨店4社が2日発表した8月の既存店売上高(速報)は、J・フロントリテイリングを除く3社で前年実績を上回った。気温上昇で夏物衣料が好調だったほか、10月の消費税増税を控え一部で高額商品の駆け込み需要も見られた。

 高島屋は前年同月比3・8%増で2カ月ぶりのプラスだった。日傘など夏物雑貨が売れたほか、振り袖の売り上げが7割増になるなど駆け込みとみられる動きもあった。

 そごう・西武は3・0%増で3カ月ぶりのプラス。1億円を超える宝飾品が売れるなど、高額品が好調だった。三越伊勢丹ホールディングスは夏物衣料が好調で2・7%増。時計など高額品も売れた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス