スポーツ

サッカー代表、久保建らが合流 鹿嶋で非公開調整

 W杯アジア2次予選などに向けた合宿で、調整する(右から)久保建、植田、中島、原口=茨城県鹿嶋市

 サッカー日本代表は3日、2022年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選F組初戦のミャンマー戦(10日・ヤンゴン)に向け、茨城県鹿嶋市内で冒頭以外を非公開として練習を行った。合宿2日目で18歳の久保建(マジョルカ)や大迫(ブレーメン)らが合流し、まだ帰国していない遠藤(シュツットガルト)を除く22人が調整した。

 5日にはカシマスタジアムでパラグアイと国際親善試合を行う。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は33位。ミャンマーは135位で、パラグアイは39位。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス