国際

東京パラメダルの是正要請へ 旭日旗を想起と韓国団体

 2020年東京パラリンピックの(左から)銀、金、銅の各メダルの表面

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは6日、2020年東京パラリンピックのメダルのデザインが旭日旗を想起させるとの指摘が出ているとして、大韓障害者体育会が大会組織委員会に「是正」措置を求める方針だと報じた。今月中旬に東京で開かれる選手団長会議で訴える予定。

 大韓障害者体育会は共同通信の取材に対し「詳細は調整中だ」としている。

 韓国では旭日旗が旧日本軍の「侵略の象徴」とみなされ、商品デザインへの利用などがたびたび問題視されてきた。東京パラリンピックのメダルは8月25日に発表。扇がモチーフだが、韓国では旭日旗との類似性を指摘する声が一部で出ていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス