スポーツ

男子ゴルフ、朴相賢が2勝目 フジサンケイ・クラシック最終日

 通算15アンダーで優勝した朴相賢=富士桜CC

 フジサンケイ・クラシック最終日(8日・山梨県富士桜CC=7566ヤード、パー71)3位から出た36歳の朴相賢(韓国)が65で回り、通算15アンダーの269で3シーズンぶりの2勝目を挙げた。賞金は2200万円。

 64をマークした岩田寛と前日首位の崔虎星(韓国)が2打差の2位、チャン・キム(米国)が通算12アンダーの4位。石川遼が64と伸ばし11アンダーで5位に入った。今平周吾は7アンダーの6位。(出場68選手、曇り時々雨、気温24・4度、東南東の風2・9メートル、観衆2888人)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス