社会

東日本大震災8年半で不明者捜索 3県警、津波被害の沿岸部

 東日本大震災から8年半となり、行方不明者の手掛かりを求めて海岸を捜索する宮城県警亘理署員=11日午前、宮城県山元町

 東日本大震災から8年半を迎えた11日、岩手、宮城、福島3県警は月命日に合わせ、行方不明者と、その手掛かりを求めて津波で大きな被害に遭った沿岸部を捜索した。

 宮城県山元町坂元の磯浜漁港では亘理署員7人が海に向かって黙とうした後、捜索を開始。先日の台風15号の影響で砂浜にはがれきや木くずなどが多く漂着しており、蒸し暑い中、署員が道具を使ってどけながら手掛かりを捜した。

 戸島和樹地域課長は「8年半が過ぎて困難にはなってきているが、一つでも多く手掛かりを見つけ家族に届けたい。震災を風化させないという気持ちでやっていく」と話した。


(共同通信)