政治

小泉環境相、三重知事に育休相談 電話で助言受ける

 小泉進次郎環境相が年明けの第1子誕生後に育休取得を検討していることについて、三重県の鈴木英敬知事は11日、小泉氏から入閣決定後に電話で相談を受けたと明らかにした。鈴木知事は自身の育休取得の経験を踏まえ、必要な注意点を助言。県庁で記者団に「進次郎さんの発信力でぜひ進めてほしい」と述べた。

 鈴木知事は小泉氏に(1)公務(2)危機管理(3)妻の不安―の3点への対処が必要と指摘。11日にも小泉氏から電話があり「いろんな(育休の)取り方があると分かった。発信していきたい」などと鈴木知事に話したという。

 鈴木知事は長男、長女が生まれた際に育休を取った。


(共同通信)