スポーツ

ラグビー、都内で約2時間半練習 W杯日本代表

 ロシアとの開幕戦に向け調整するリーチ(左から2人目)ら日本代表=東京都内

 ラグビーのワールドカップ(W杯)に臨む日本代表は14日、1次リーグA組初戦となるロシアとの開幕戦(20日・味スタ)に向けて東京都内で午前に約2時間半、ジムでの筋力トレーニング、グラウンドでの体力強化メニューなどをこなして汗を流した。

 公開された冒頭の15分ではボールを使わずにダッシュなどを繰り返し、南アフリカ戦で右ふくらはぎを痛めたWTB福岡(パナソニック)は別メニューでランニングを続けた。

 開幕まで1週間を切り、プロップのバル(パナソニック)は「みんなでハードワークをしてきた。あとはやるだけ」と高揚した心境を語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス