社会

配偶者死別のひとり親家庭が交流 悲しみ乗り越え、悩み共有

 配偶者と死別したひとり親家庭のコミュニティー「エミナル」の交流会=14日午後、東京都渋谷区

 配偶者を亡くしたひとり親家庭の孤立を防ごうと、シングルファーザー、シングルマザーと子どもとのコミュニティー「エミナル」の交流会が14日、東京都内で開かれた。体験を語り合い、悲しみの乗り越え方や異性の子どもをどう育てるかなどの悩みを共有。主催団体によると、死別した子育て世代のコミュニティーは全国的にも珍しい。

 「エミナル」はひとり親の交流サークル「エスクル」を母体とし、8月に大阪で発足。今回は都内での初めての会合で、配偶者と死別した親と子どもの27人が参加した。

 10月も大阪や名古屋で交流イベントを開く予定だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス