スポーツ

自転車、河端が新田下しV4 スプリント、女子は小林

 男子スプリント決勝 優勝した河端朋之(左)と2位の新田祐大=JKA250

 自転車の全日本選手権トラック種目第1日は14日、静岡県伊豆市のJKA250で行われ、スプリントの男子は、河端朋之が新田祐大を下し3年ぶり4度目の頂点に立った。女子は小林優香が太田りゆ(いずれも日本競輪選手会)に勝って初優勝。

 男子1000メートルタイムトライアルは沢田桂太郎(ブリヂストン)が1分2秒590の大会新記録で優勝。女子3000メートル個人追い抜きは梶原悠未(筑波大)が3連覇。梶原は中村妃智(日本写真判定)と組んだマディソンも制した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス