スポーツ

折り鶴のナミビア国旗で選手歓迎 ラグビーW杯、和歌山・上富田

 ラグビーW杯ナミビア代表の歓迎会場につるされた、折り鶴で作ったナミビア国旗=14日午後、和歌山県上富田町

 和歌山県上富田町の県立熊野高の生徒らが14日夕、ラグビー・ワールドカップ(W杯)出場のため同町へ合宿に訪れたアフリカのナミビア代表を、折り鶴をつなぎ合わせて作った大きなナミビア国旗で迎えた。

 「日本の文化を知ってもらおう」と同校ラグビー部と生徒会が、町民が一体になれる催しとして企画。団体や個人に幅広く呼び掛けて折り鶴を作ってもらい、3万羽以上が集まった。このうち町人口に等しい約1万5千羽を130本の糸に通して、青や赤、緑色などの鮮やかな国旗(縦3・5メートル、横4メートル)に仕上げ、歓迎会場の上富田文化会館のロビーにつるした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス