経済

トヨタ、12代目のカローラ発売 スマホと連携、安全も強化

 トヨタ自動車の「カローラ」新型車と吉田守孝副社長=17日午後、東京都江東区

 トヨタ自動車は17日、セダン「カローラ」の新型車を発売した。1966年の登場以来、累計4750万台を販売したロングセラーとなっており、約7年ぶりの全面改良となる今回が12代目。低重心でスポーティーな外観に仕上げた。インターネットとつながるディスプレーを全車に標準装備し、スマートフォンと連携して地図アプリや音楽などを画面で操作できるようにした。

 ガソリン車は排気量1・8リットルと、1・2リットルのターボエンジンの2種類を用意。排気量1・8リットルのハイブリッド車(HV)もそろえた。従来型よりも、車の全長と全幅をそれぞれ広げた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス