スポーツ

宮原知子、バーケル氏にも師事 フィギュア、平昌五輪4位

 宮原知子

 フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)がカナダのトロントを拠点に指導するリー・バーケル氏にも師事すると18日、マネジメント会社が発表した。バーケル氏は長年教える浜田美栄氏とともにメインコーチを務める。

 関係者によると、宮原はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の習得やこれまでも課題としてきたジャンプの向上を目指し、バーケル氏に今夏からアドバイスを受けてきた。今後は関大とトロントを拠点に練習する。

 カナダ人のバーケル氏は06年トリノ冬季五輪男子銅メダルのジェフリー・バトル(カナダ)を育て、織田信成も教えた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス