スポーツ

サッカー、鹿島が準々決勝敗退 ACL、2連覇ならず

 広州恒大と引き分けて準決勝進出を逃し、肩を落とす鹿島イレブン=カシマ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、カシマスタジアムで準々決勝第2戦が行われ、大会2連覇を狙った鹿島が敗退した。広州恒大(中国)と1―1で引き分けて2戦合計1―1となり、アウェーゴール数で下回った。

 前半に先制を許した鹿島は、後半の立ち上がりにレオシルバのシュートがセルジーニョに当たって同点に追い付いたが、勝ち越し点を奪えなかった。

 広州恒大は10月2、23日の準決勝で浦和と対戦する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス