スポーツ

バレー女子W杯、日本は3敗目 中国に完敗

 日本―中国 第3セット、スパイクを決められた日本=横浜アリーナ

 バレーボール女子のワールドカップ(W杯)第5日は19日、横浜アリーナなどで行われ、世界ランキング6位の日本は同2位で前回覇者の中国に0―3で完敗し、3敗目(2勝)を喫した。中国は5戦全勝。

 日本は第1セット序盤こそ石井(久光製薬)や荒木(トヨタ車体)の攻撃で奮闘したが、中国のブロックに苦戦して17―25で落とした。第2セットは10―25、第3セットは17―25と、なすすべなく失った。

 米国もブラジルにストレートで勝って5連勝。ロシアはフルセットでドミニカ共和国を下して4勝目(1敗)を挙げた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス