経済

ランクル、販売1千万台突破 世界累計、登場から68年

 トヨタ自動車の「ランドクルーザープラド」

 トヨタ自動車は20日、スポーツタイプ多目的車(SUV)などの「ランドクルーザー」シリーズの世界累計販売が、今年8月末までに1千万台を突破したと発表した。トヨタで最も長い歴史を持つシリーズで、1951年の発売から68年での達成となった。

 トヨタは51年、シリーズの初代となる「トヨタジープBJ型」を発売。54年に車名を「陸の巡洋艦」を意味するランドクルーザーに変更し、55年から輸出を本格化した。耐久性や悪路の走破性の高さなどから、特に中近東で高い人気を誇るほか、中南米や東アジアへの輸出も伸ばした。

 現在は、約170の国と地域で販売している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス