スポーツ

広島の赤松「楽しい時間でした」 胃がんと闘い、引退決断

 引退記者会見で語る広島の赤松真人外野手=22日、マツダスタジアム

 胃がんと闘い、今季限りでの現役引退を決めたプロ野球広島の赤松真人外野手(37)が22日、マツダスタジアムで記者会見し「15年間、ここまで野球をやれたのは声援のおかげ。病気をして、その後もプロの世界にいられたのはなかなかないこと。ぜいたくな楽しい時間でした」と感謝した。

 チームが25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年の12月に胃がんが発覚。翌年1月に胃の半分を切除する手術を受けた。抗がん剤の副作用やリハビリに耐え、2軍でプレーしたが、1軍出場からは遠ざかっていた。

 16年の優勝が決まった瞬間は左翼を守り「最高でしたね。一番うれしかった」と振り返った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス