スポーツ

サモアが試合会場で調整 日本と同組、ロシアと初戦

 ロシア戦に向け調整するピシ(右から2人目)らサモア代表=熊谷ラグビー場

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本と同じ1次リーグA組のサモアが23日、初戦となる24日のロシア戦に向けて試合会場の埼玉・熊谷ラグビー場で調整した。練習の冒頭ではダッシュなどで体を動かした。記者会見でジャクソン監督は「1次リーグを突破したい。毎試合、決勝と思って戦う」と決意を口にした。

 開幕戦で日本に敗れたロシアについて、同監督は「キックやセットプレーは良かった。われわれは情熱を持って戦う。エキサイティングな試合になる」と語った。

 ロシアは中3日で試合に臨む。フランカーのガジエフは「大事なのは彼らの足を止めること」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス